コドモノート

エブリディ子育て!もっとコドモと遊びたいっ!がんばるアラフォー男の日常

Vagrantでローカルとファイル共有するには

      2015/02/11

WindowsやMacで編集したファイルを、Vagrantの環境と共有したい場合、htmlファイルやphpファイルとか、Apacheで言えば、Documentルートをまんま共有できれば便利ですよね。

それVagrantでちゃんと用意されてます。
というかそれがキモなんでしょうね。

vagrantのために作ったディレクトリ。
Vagrantfileのあるフォルダ。
「vagrant up」とか「vagrant ssh」とか実行するところですけど、
ここが仮想環境と共有化されているのですね。

確認してみましょう。
vagrant sshでログインして、ルートディレクトリへ移動してみると、
「vagrant」っていうフォルダがあります。
これがローカルとの橋渡し、共有フォルダになっているのです。

vagrantdir

 

 

この「vagrant」ディレクトリにindex.htmlを作ってみる。

vagrantdir2

 

この状態で、Windowsのフォルダを見てみると・・・、

windowsdir

 

 

これでこのディレクトリ内のファイルをWindowsで触ろうが、仮想環境にsshで入って触ろうが即座に更新が反映されると言う事になりますね。
apacheだったら、DocumentRootにシンボリックリンクを貼ればいいわけですね。

apacheをインストールしていれば、デフォルトで
/var/www/htmlがDocumentRootになっていますので、
こいつを消してから新たにリンクを貼ってやります。

$ sudo rm -rf /var/www/html
$ sudo ln -fs /vagrant /var/www/html

 

lnコマンドでリンクを貼ります。オプション-fsは、

  •  fが–force リンク先に同名のリンク・ファイルがあるときも警告なく上書きする
  •  sがシンボリック・リンクを作成する

って事ですね。

しばらく現場から離れているので、全然覚えてないわ。

 

ここで192.168.33.10にアクセスしてみると、

sharetest

動いてますわ。

 

 

 - 開発

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

phptest
VagrantでApache、PHP、MySQLのインストール

さて、Vagrantネタが続いてますが、 今回はPHPのテスト環境を作ってみます …

Vim
Vim Windows8.1にインストールしてみた

さて、今日はプログラミングネタです。 プログラマーは「エディタ」と呼ばれる、ひた …

vagrant
Windows8.1にVagrantで開発環境構築

Windowsで、LinuxやUnix環境に合わせて開発しようとすると、どうして …

ruby
rbenvを使ってrubyのインストール

先日、Vagrantをインストールして、Windows8.1上に作ったサーバ、C …